エイチ・エス証券の需要申告にIPOポイントを使い参加する方法

エイチ・エス証券の需要申告にIPOポイントを使い参加する方法

ここではエイチ・エス証券の需要申告にIPOポイントを使って申し込む方法を紹介していきたいと思います。

エイチ・エス証券ではインターネットから口座を新規開設するとIPOポイントが1,000pt貰えます。

付与されたIPOポイントの有効期限は2年間なので忘れないうちに必ず利用しておきましょう。

失効すると勿体ないですからね~。

ちなみにエイチ・エス証券でIPOポイントを使う場合は先に需要申告を行ってからポイントを申告する必要があります。

需要申告時の注意点

エイチ・エス証券のIPOに需要申告する場合は申し込み時間に注意する必要があります。

24時間いつでも申し込めるんじゃないの?

以下の時間帯はメンテナンス中となっておりIPOの申し込みは出来なくなっています。

  • 午前3~6時(先物OP口座開設済みの場合は3~7時半)
  • 午後16~17時

特に夕方の4時から5時の間は申し込みが出来ないので注意が必要です。

IPOの需要申告を行う

最初にエイチ・エス証券にログインを行い「IPO募集売出」⇒「公開銘柄一覧/需要申告」進みます。

「IPO募集売出」⇒「公開銘柄一覧/需要申告」と進む

「公開銘柄一覧」の売り出しIPOの銘柄をクリックしましょう。

「公開銘柄一覧」の売り出しIPOの銘柄をクリック

「閲覧書類」欄の目論見書横の「閲覧」をクリックして目論見書に目を通すと「閲覧済み」になります。

「閲覧」をクリックして目論見書に目を通すと「閲覧済み」になる

目論見書の閲覧が完了したらページ下部の「需要申告」をクリックします。

ページ下部の「需要申告」をクリック

需要申告内容の入力画面が表示されるので「申告価格」と「申告数量」2か所に入力を行い「申告確認」をクリックしましょう。

icon-check-square-o申告価格

申告価格は必ず仮条件の上限価格を選択しましょう、ここでは2,040~2,240円が選択可能ですが「2,240円」でOKです。

icon-check-square-o申告数量

エイチ・エス証券のIPO申し込みは1口座1票なので最低単元の100株で良いので「100」と入力を行います。

仮条件の上限価格と株数を入力して「申告確認」をクリック

最後に執行パスワードを入力して「申告する」をクリックすれば需要申告の完了です。

執行パスワードを入力して「申告する」をクリック

IPOポイントを申告する

エイチ・エス証券にログイン後トップページから「マイページ」へと進みます。

トップページから「マイページ」へと進む

マイページの上から2番目にある「IPOポイント通帳」横の「次へ」をクリックしましょう。

マイページの上から2番目にある「IPOポイント通帳」横の「次へ」をクリック

「IPOポイント通帳」ページの「ポイントを使う」へ進みます。

「IPOポイント通帳」ページの「ポイントを使う」へ進む

ページを下へスクロールすると「取扱中の銘柄」欄の下に「ポイントを申告する」というリンクがあるのでクリックします。

「ポイントを申告する」というリンクがあるのでクリック

ここでの入力箇所は2点「申告ポイント数(1口=1,000pt)」の入力と「ブックビルディングの申し込み」欄にチェックを入れて「確認」をクリックします。

「申告ポイント数(1口=1,000pt)」の入力と「ブックビルディングの申し込み」欄にチェックを入れて「確認」をクリック

間違いがなければ「申告する」をクリックしましょう。

「申告する」をクリック

以上でIPOポイントの申告完了です、ちなみにポイントの訂正や申告の取り消しも可能です。

【重要】IPOポイント利用時の注意点

エイチ・エス証券でIPOポイントを利用する場合の注意点は以下の2点です。

有効期限は2年間

IPOポイントの有効期限は当該ポイントの計算対象月の2年後の当該月末までの2年間となっています。

ポイント有効期間イメージ

IPO優待抽選に参加した場合は抽選後にポイントは失効

IPOポイントを使用して優待抽選に参加した場合、当選・落選に係わらず抽選終了後にポイントは失効してしまいます。

落選後はポイントは戻ってこないの?

SBI証券のIPOチャレンジポイントの場合は落選後にポイントは戻ってきますが、エイチ・エス証券の場合は戻ってくることなく失効します。

ちなみにエイチ・エス証券では「全体抽選」⇒「優遇抽選」の順に抽選が行われるので「全体抽選」に当選した場合はIPOポイントは戻ってきます。

まとめ

エイチ・エス証券では新規口座開設時にIPOポイントが1,000pt貰えるので、このポイントを需要申告時に使用する事が出来ます。

注意点として需要申告時にIPOポイントを使用した場合は「当選」「落選」に係わらず抽選終了後に失効してしまう事です。※「全体抽選」に当選した場合ポイントは返還されます。

なのでなるべく初値で売却した場合に利益の見込めそうな銘柄に申し込みを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です