GMOコインからPhemexにBTC(ビットコイン)を送金する方法

国内仮想通貨取引所のGMOコインから海外仮想通貨取引所のPhemexへBTC(ビットコイン)を送金する方法を紹介していきたいと思います。

なぜコインチェック等ではなくGMOコインを利用するのかと言うと、仮想通貨が送金手数料無料で送れるからです。

ピヨヨン

1円もかかりません、送料無料です。
GMOコインを利用するメリット
  • 取引所で指値注文すると購入手数料が無料
  • 仮想通貨の送金手数料が無料
  • 仮想通貨の送金が速い

海外仮想通貨取引所であるPhemexは2019年に設立した比較的新しい取引所で取扱通貨数こそ少ないですが、ローンチパッドやローンチプール・セービングなどで資産を増やす事が出来るのが特徴です。

ピヨヨン

ローンチプールは激アツです。

GMOコインからPhemexにBTC(ビットコイン)を送金する方法としては、最初にPhemex側のBTC(ビットコイン)の入金アドレスをGMOコインに登録後トークンを送金します。

BTCの送金手順
  1. PhemexのBTC入金アドレスの確認
  2. GMOコインに入金アドレスを登録
  3. PhemexへBTCを送金
注意

仮想通貨の取り引きには価格変動や流動性低下・盗難・DEXや取引所の経営破綻などのリスクがあります。

当記事に基づいて仮想通貨の取り引きを行い損失が出た場合は当サイトは一切その責任を負いません、自己責任のもと取引を行って下さい。

STEP① PhemexでBTC(ビットコイン)入金アドレスの確認

いちばん最初にPhemex側でBTC(ビットコイン)入金アドレスを確認していきましょう。

注意

仮想通貨取引所ではトークンごとに入金アドレスが違います、必ず間違わないようにアドレスをコピーする必要があります。

パソコンでの確認方法

Phemexにログインを行ってページ右上の「資産」⇒「すべての資産」⇒「スポットウォレット」と進みましょう。

すると以下の画面が表示されるのでコイン欄の「BTC」右側の「入金」をクリックします。

「BTC」右側の「入金」をクリック

選択している通貨が「BTC」である事を確認したら「入金」をクリックしましょう。

選択している通貨が「BTC」である事を確認したら「入金」をクリック

「BTC」入金ページが開くので最初にチェーン名が「Bitcoin」になっているか確認してBTC入金アドレスをコピーします。

チェーン名が「Bitcoin」になっているか確認してBTC入金アドレスをコピー

スマホアプリからの確認方法

アプリを起動して画面右下の「ウォレット」⇒「現物口座」⇒「BTC」と進みます。

「ウォレット」⇒「現物口座」⇒「BTC」と進む

続いて「入金」をタップして下さい。

「入金」をタップ

「BTC」入金ページが開くのでチェーン名が「Bitcoin」になっているか確認してBTC入金アドレスをコピーします。

チェーン名が「Bitcoin」になっているか確認してBTC入金アドレスをコピー

STEP② GMOコインでPhemexへの入金アドレスを登録する

STEP② GMOコインでPhemexへの入金アドレスを登録する

今度はGMOコイン側で出金作業を行っていきますが、最初にPhemexの入金アドレスを登録する必要があります。

ピヨヨン

アドレスを登録しないと送金できません。

GMOコインにログイン

GMOコインへログインを行い左メニューの「入出金」欄の「暗号資産」⇒「ビットコイン」⇒「送付」と進みましょう。

※スマホではホーム画面中央右の「預入/送付」⇒「BTC」⇒「送付」と進みます。

新しい宛先(Phemex)を追加する

次に「ビットコインの宛先リスト」下の「新しい宛先を追加する」をクリックします。

「新しい宛先を追加する」をクリック

送付先はGMOコイン以外の取引所なので「GMOコイン以外」を選択します。

「GMOコイン以外」を選択

送付先ウォレットはPhemexなので「取引所・サービス」を選択しましょう。

「取引所・サービス」を選択

受取人は「ご本人さま」にチェック。

「ご本人さま」にチェック

次のページでは本人情報の確認が表示されるので「宛先情報の登録画面へ」をクリックします。

「宛先情報の登録画面へ」をクリック

以下情報を入力します。

宛先名称
(ニックネーム)
Phemex
ビットコイン
アドレス
PhemexのBTCアドレスを入力
送付先の名称 「その他」⇒「Phemex」
受取人氏名
(アルファベット)
自分の名前をローマ字で入力

情報を入力

チェックBOX(2か所)にチェックを入れて「登録する」をクリックしましょう。

チェックBOX(2か所)にチェックを入れて「登録する」をクリック

GMOコインに登録したメールアドレス宛にメールが届くのでメールに記載されているURLをクリックして認証を完了させます。

メールに記載されているURLをクリック
「認証を完了する」をタップ

STEP③ GMOコインからPhemexへBTC(ビットコイン)を送金

STEP③ GMOコインからPhemexへBTC(ビットコイン)を送金

GMOコインのトップページ左メニュー入出金欄の「暗号資産」から「ビットコイン」⇒「送付」と進み、宛先リストから「Phemex」をクリックしましょう。

※スマホの場合は「ホーム」⇒「預入/送付」⇒「ビットコイン」⇒「送付」と進み、宛先リストからPhemexをクリックします。

宛先リストからPhemexをクリック

宛先情報の確認ページに進むのでページ最下部のチェックBOXにチェックを入れて「次へ」をタップします。

ページ最下部のチェックBOXにチェックを入れて「次へ」をタップ

Phemexに送金するビットコインの数量を入力して「SMSで2段階確認コードを受け取る」をタップします。

送金するビットコインの数量を入力して「SMSで2段階確認コードを受け取る」をタップ

注意

1回に送金できるBTCの最小数量は0.02BTCです、ただし全額送金またはGMOコイン内での送金の場合は下限はありません。

また546satoshi(=0.00000546 BTC)以下の場合はブロックチェーンの仕様上送金する事が出来ません。

登録電話番号宛に届いた6桁の2段階認証コードを入力して、チェックBOXにチェックを入れた後に「確認画面へ」をタップしましょう。

6桁の2段階認証コードを入力して、チェックBOXにチェックを入れた後に「確認画面へ」をタップ

続いて確認ページが表示されるので間違いがなければ「実行」をタップします。

「実行」をタップ

これでPhemexへの送金依頼が完了しましたが、依頼直後はステータスが「受付」になっています。

依頼直後はステータスが「受付」になっている

以下の画像のようにステータスが「完了」となれば送金完了です、ちなみに今回は10分ほどで送金されました。

PhemexでBTC(ビットコイン)が入金されたか確認する

GMOコイン側でBTC(ビットコイン)の送金が完了したら、今度はPhemex側で入金されたかどうか確認しておきましょう。

ピヨヨン

誤送金の可能性もありますからね。

Phemexにログインしてページ右上の「資産」⇒「すべての資産」⇒「スポットウォレット」と進むと「BTC」欄にGMOコインから送金したBTC(ビットコイン)の数量が反映されていればOKです。

「BTC」欄にGMOコインから送金したBTC(ビットコイン)の数量が反映されていればOK

ピヨヨン

無事に送金されていましたね。

※スマホの場合は画面右下の「ウォレット」⇒「現物」で確認可能です。

初めて利用する取引所に仮想通貨を送金する場合はテスト送金を行いましょう

初めて利用する取引所に仮想通貨を送金する場合はテスト送金を行いましょう

初めて利用する取引所に仮想通貨を送金する場合は最初に必ず最小数量のテスト送金を行いましょう。

送金先のアドレスやチェーンが間違っていると最悪の場合送った資産が失われる可能性が高いです。

ピヨヨン

いわゆるゴックスですね。

GMOコインでのBTCの最小送金数量は0.02 BTCとかなりの高額にっていますが、全額送金時は0.00001 BTCから送金する事が可能です。

まずテスト送金用として販売所で0.00001 BTC(取引所は0.0001 BTC)を購入して送金を行い、着金されたのを確認してから改めて本送金を行いましょう。

注意

間違って最初に0.001 BTCを購入してしまうと0.001 BTC全額しか送金できないので注意が必要です。

まとめ

ここではGMOコインから海外の仮想通貨取引所のPhemexへBTC(ビットコイン)を送金する方法を紹介しました。

初めての取引所へ送金する場合は最初にGMOコインで送金先アドレスを登録してから海外の仮想通貨取引所へ送金する流れになります。

基本的に仮想通貨を送金する場合は送金先に最小単位の通貨をテスト送金してから本送金を行えば誤送金が防げます。

この場合はGMOコインで最小単位の通貨の0.00001 BTC(取引所は0.0001 BTC)を一度購入してからテスト送金を行い、本送金用の通貨を改めて購入して送金を行いましょう。

\公式サイトはこちら/
BTCギフトを手に入れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。