SMBC日興証券のIPOルール【ステージ別抽選で当選確率アップ!】

ここでは「SMBC日興証券」のIPO(新規公開株)における取引ルールを紹介していきたいと思います。

SMBC日興証券はIPOで主幹事を引き受ける割合が多く、確率的にも当選しやすい証券会社です。

また証券口座内に保有資産が多額にあれば当選確率がアップするステージ別抽選枠を設けているのも大きな特徴です。

\SMBC日興証券のIPOルール/

主幹事実績(2020年) 16件
申し込める口数 1口座複数口申込可
同資金重複申込 不可
抽選方法と配分割合 完全平等抽選 10%
ステージ別抽選 5%
BB時の買付余力
必要
資金拘束のタイミング ブックビルディング時
抽選結果 当選・補欠
抽選結果発表時間 抽選日の20:00以降
NISA口座買付
当選辞退のペナルティ あり
口座開設数 354万
即時入金
三井住友銀行
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
ジャパンネット銀行
ゆうちょ銀行

SMBC日興証券の主幹事/幹事実績

SMBC日興証券は毎年半数以上で幹事を引き受けており、主幹事数も2割ほどの割合があります。

2020年 2019年 2018年
引受幹事数
()は主幹事数
52社(16) 61社(20) 66社(20)

\2020年度証券会社別主幹事数(新規上場企業数94 主幹事証券会社数100)/

IPO投資ではSMBC日興証券を含む5大証券の口座は必ず開設しておきたいですね。

IPOルール【ブックビルディング編】

申し込める口数は複数可能だが当選するのは100株のみ

SMBC日興証券のIPOでは複数単元の申し込みが可能ですが当選するのは1単元(100株)のみとなっています。

なお、可能な限り多数のお客様へ配分が行われるように抽選による当選数量の上限は、一投資単位とします。出典:SMBC日興証券「募集等に係る株式等のお客様への配分に係る基本方針」

100株申し込んでも300株申し込んでも当選するのは1単元(100株)という事になります。

ブックビルディング時に資金拘束あり

SMBC日興証券からIPOに参加する場合はブックビルディング(需要申告)時に銘柄の仮条件×100株分の資金が必要になります。

たとえば仮条件が「1,150円~1,180円」の場合は上限いっぱいの11万8,000円の資金が必要です。

一番高い金額が必要なのね。

資金の拘束はブックビルディング時から抽選まで続き「補欠」時に拘束が解除されます。

ちなみに「補欠申込」を行うと資金が再度拘束されて、繰上当選しなかった場合(20:00以降)に解放されます。

同一資金での重複申し込みは不可

A社30万円 B社50万円のIPOに同時に申し込む場合は合計80万円の資金が口座に入金されている必要があります。

A社 30万円
B社 50万円

資金を丸々用意する必要があるのか…。

同一資金で重複申し込みOKの場合は50万円の資金を用意しておけば良いのですが、SMBC日興証券では重複申し込みは不可です。

同一資金OKの証券会社
SBI証券/みずほ証券/野村証券/大和証券/東海東京証券/SBIネオトレード証券/松井証券/岡三オンライン証券/CONNECT証券/楽天証券
同一資金NGの証券会社
SMBC日興証券/マネックス証券/三菱UFJモルガン・スタンレー証券/岩井コスモ証券

IPOルール【抽選編】

抽選配分は「完全平等抽選 10%」+「ステージ別抽選 5%」の計15%

SMBC日興証券ではブックビルディングに申し込んだ顧客に対して採用している抽選方式は「完全平等抽選」と「ステージ別抽選」の2種類があります。

完全平等抽選 10% 機械による抽選方法で抽選参加者全員が皆同じ当選確率になる。
ステージ別抽選 5% 完全平等抽選の落選者の中から再抽選、資産に応じ1~25票が与えられる。

ダイレクトコースの場合は初めに割当株数の10%を目処にした完全平等抽選が行われ、この抽選で外れた顧客を対象に最大5%のステージ別抽選が行われます。

SMBC日興証券 抽選の仕組み

2段階制ですね、ところで我々はどのステージなのかな?

トップページ⇒「口座情報」⇒「ステージ状況」で確認できます。

ステージ制の仕組み

注意点として誰もがステージ別抽選に参加できる訳ではありません、ある一定の条件を満たした顧客のみが抽選に参加可能となります。

ステージ別抽選に参加するには以下のどちらかの条件を満たしている必要があります。

ステージ別抽選に参加できる条件(いずれか)
  • 新規口座を開設して3か月以内
  • 預かり資産の残高(月末残高3ヵ月平均)が250万円以上

ステージ制度では資産を多く預けている金持ちが有利になる制度です、ワタシみたいに口座に僅かな資金しか入金していない者にはあまり有利とはいえないですね。

ステージ
判定条件 ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ
新規口座開設 新規口座開設
3ヵ月以内
預かり資産残高
(月末残高3ヵ月平均)
250万円以上 1,000万円以上 3,000万円以上 5,000万円以上
信用取引建玉金額
(月末残高3ヵ月平均)
250万円以上 1,000万円以上 3,000万円以上 5,000万円以上
抽選票数 1票 5票 15票 25票

どちらか1つを満たせばOK。

新規口座を開設して3ヵ月間は無条件でステージ別抽選1票が与えられますが、3か月以降は最低でも250万円の資産を保持しておかないと抽選に参加できません。

ちなみに常時250万円以上の資産を保有する必要は無く、月末最終営業日にまとめて保有しておく事も可能です。

ワタシの場合は普段は50万円しか入金していませんが、月末最終営業日に資産が250万円になるように調節しています。

抽選発表時間と抽選結果

抽選発表時間

SMBC日興証券では公募価格決定日に抽選が行われ、20:00以降にホームページ上で結果が発表されます。

トップページから「お取引」⇒「申告状況一覧・申告取消・募集申込」と進み「新規公開株 需要申告・募集申込状況一覧」の「抽選結果」から確認できます。

抽選結果は「当選」「補欠」の2種類

SMBC日興証券のIPO抽選の結果は「当選」「補欠」の2パターンしかありません。

抽選結果は2通り
  • 当選
  • 補欠

SMBC日興証券では当選者以外は全て「補欠」となり、「補欠申込」を行った顧客が繰上抽選の対象者となります。

ちなみに「補欠申込」を行った場合は購入代金分の資金が拘束されるので注意が必要です。

IPOの当選を辞退した場合はペナルティあり

IPOに当選すると購入申込を行いますが、購入を辞退する場合や期間内に購入申込を行わなかった場合はペナルティがあります。

IPO購入辞退時のペナルティ
  • 1か月間IPOに申し込めない
  • 他の銘柄で需要申告を行っている場合は全て無効※購入申込済みのものは有効

「NISA」枠でIPO抽選に参加可能

SMBC日興証券ではIPOの抽選に「NISA」枠で申し込むことが出来ます。

NISA使えるのね。

NISA枠を利用する事で年間120万円までの譲渡益が非課税になります、もちろんIPOで得た利益も非課税になります。

\IPO初値売り売却益が20万円の場合/

口座区分 課税率 支払う税金
特定・一般口座 所得税15.315%
住民税5%
※復興特別税を含む
4万630円
NISA口座 非課税 0円

注意点として「ジュニアNISA」では抽選に参加する事は出来ません。※「総合コース」の場合は店頭から申し込み可。

SMBC日興証券の手数料

現物株式売買手数料

IPOに当選した場合は購入に関する手数料は無料ですが、売却時には手数料がかかります。

\ダイレクトコース国内株式手数料/

約定代金 手数料(税込)
~10万円 137円
~20万円 198円
~30万円 275円
~50万円 440円
~100万円 880円
~200万円 1,650円
~300万円 2,200円
~400万円 3,300円
~500万円
~1,000万円 4,950円
~2,000万円 9,900円
~3,000万円 16,500円
~5,000万円 27,500円
5,000万円超
高くもなく安くもないかな~。

入金手数料

日興イージートレードからの入金方法は以下の2種類になります。

日興イージートレードからの入金方法
  • インターネット決済サービス
  • バンク&トレード

インターネット決済サービス

金融機関のインターネットバンキングを利用した入金方法で、顧客の預貯金口座からSMBC日興証券の総合口座へ手数料無料で即時に振り込まれます。

\インターネット決済対応銀行/
三井住友銀行(15:50まで)/三菱UFJ銀行(16:00まで)/みずほ証券(15:00まで)/ゆうちょ銀行(16:00まで)/PayPay銀行(15:00まで)
()当日入金扱い期限

バンク&トレード

日興イージートレードと三井住友銀行を連携させることで、ID・パスワードの入力なし・手数料無料でリアルタイムで資金の移動が可能になるサービスです。

バンク&トレード

バンク&トレードで即時入金が利用できるのは7:00~25:00の間です。※毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00はメンテナンス中で利用不可。

出金手数料

SMBC日興証券から出金する方法は以下の3種類です。

SMBC日興証券での出金方法
  • 銀行振込
  • 日興カードで提携ATMから出金
  • バンク&トレード

三井住友銀行を利用している場合は「バンク&トレード」を使えば手数料無料で即時に出金可能です。

他行から出金する場合は「銀行振込」を使えば手数料無料で出金が可能ですが、当日出金を行う場合は午前10:55までに申し込みをする必要があります。※ゆうちょ銀行除く。

SMBC日興証券のIPO当選確率を上げるには

SMBC日興証券のオンライントレードの配分は「完全平等抽選 10%」+「ステージ別抽選 5%」の15%になります、この中で「完全平等抽選 」は1口座1口なので当選確率を上げる事は出来ません。

当選確率を上げる為には「ステージ別抽選」に参加する事が必須です、この「ステージ別抽選」は保有資産が沢山あればあるほど当選確率が高くなります。

SMBC日興証券 ステージ別抽選

預かり資産残高の合計か信用取引建玉金額のどちらかの月末残高の3ヵ月平均額が250万円以上あればステージ別抽選の票が1票与えられます。

5,000万円以上で25票か!

まとめ

ここでは「SMBC日興証券」のIPOルールを紹介していきましたが、特に覚えておきたい点を挙げておきます。

SMBC日興証券IPOルールまとめ
  • 抽選配分は「完全平等抽選 10%」+「ステージ別抽選 5%」の計15%
  • ブックビルディング以降は資金が拘束される
  • 同一資金での重複申込不可
  • 「NISA」口座で申込可能
  • IPO当選辞退時にペナルティあり
  • 振込手数料が無料の即時入金に5銀行対応

SMBC日興証券はIPOでは主幹事を務めることが多いので、IPOで当選する為には是非とも口座を開設しておきたいですね。

\公式サイトはこちら/
IPO取扱あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//アドセンス高速化// //END アドセンス高速化//