【StockPoint for CONNECT】キャッシュポイントをPontaポイントに交換する

【StockPoint for CONNECT】キャッシュポイントをPontaポイントに交換する

ここではStockPoint for CONNECTのキャッシュポイントをPontaポイントに交換する手順を紹介していきたいと思います。

交換時の注意点としてPontaポイントへ交換する場合は1%(税込)の手数料がかかります。※交換希望のキャッシュポイントと手数料相当のポイントの合計ポイントが引かれます。

キャッシュポイントを外部に持って行く方法は2通りのみ

StockPoint for CONNECTのキャッシュポイントは、そのまま保持しているだけでは増えもしないし減りもしないです。

!?

キャッシュポイントで銘柄ポイントを購入して初めて株価等と連動し残高が減ったり増えたりするんですね。

それで儲かった銘柄ポイントは何に利用できるのですか?

StockPoint for CONNECTの銘柄ポイントはそのままでは利用価値がないので外部に持って行く必要があります。

  • 株式に交換
  • Pontaポイントに交換

株式に交換

StockPoint for CONNECTで運用している銘柄ポイントが1株分に達するとCONNECT証券で本物の株式に交換する事が出来ます。

マジですか!

なのでStockPoint for CONNECTで株式の疑似体験を経験してからCONNECT証券で本物の株主としてスタートできる訳ですね。

注意点として本物の株式に交換する場合は手数料等はかかりませんが、CONNECT証券の口座を開設してID連携をする必要があります。

証券口座が必要なのね。

CONNECT証券の口座開設方法は以下の記事で紹介しています。

大和証券グループ【CONNECT証券】の口座開設手順を紹介!大和証券グループ【CONNECT証券】の口座開設手順を紹介!

銘柄ポイントを株式へ交換する方法は以下の記事で紹介しています。

StockPoint for CONNECTの使い方 キャッシュポイント⇒銘柄ポイント⇒株に交換までStockPoint for CONNECTの使い方 キャッシュポイント⇒銘柄ポイント⇒株に交換まで

CONNECT証券へ交換した後はそのまま株式を運用するのも良いし、また売却して現金化する方法もあります。

Pontaポイントに交換

もう1つの方法としてPontaポイントに交換する事が可能です、auのスマホと契約していれば携帯代金やチャージにPontaポイントを利用する事も出来ます。

またau Pay残高にチャージする事で、au PAY プリペイドカードやau PAYで1P=1円としてコンビニやスーパー等で買い物に利用する事が出来ます。

運用ポイントをPontaポイントに交換する方法

それでは実際にStockPoint for CONNECTの運用ポイントをPontaポイントに交換していきましょう。

運用ポイント?

StockPoint for CONNECTではキャッシュポイントと銘柄ポイントの事をまとめて「運用ポイント」と表現しています。

キャッシュポイント 残高が変動しない
銘柄ポイント 株価等と連動し残高が減ったり増えたりする

①StockPoint for CONNECTとPontaポイントのID連携を行う

いちばん初めにStockPoint for CONNECTとPontaポイントのID連携を行います。

STEP.1
アプリ起動後「チャージ」と進みPontaポイント欄右の「ID連携」をタップします。
STEP.2
「外部ポイントサービスとのID連携」ページが開くので「ID連携する」をタップしましょう。
STEP.3
リクルートIDとパスワードを入力してログインを行います。※初めての場合は会員登録をする必要があります。
STEP.4
ログイン完了後にポイント欄にPontaポイントが反映されて、「ID連携」が「チャージ」に変わっていれば連携完了です。

②銘柄ポイントをキャッシュポイントに交換しておきましょう

銘柄ポイントで疑似株式を運用している場合、この状態から直接Pontaポイントへは交換できません。銘柄ポイントを売却してキャッシュポイントに交換しておく必要があります。

キャッシュポイントにする必要があるのね。

③アプリ右上の「三」から交換を行う

アプリ右上の「三」をタップして「外部ポイントへ交換」を選択しましょう。

キャッシュポイントをPontapポイントに交換 アプリ右上の「三」をタップ
キャッシュポイントをPontapポイントに交換 「外部ポイントへ交換」を選択

「交換できるポイント」欄のPontaポイント横の「交換する」に進みます。

キャッシュポイントをPontapポイントに交換「交換する」に進む

交換するポイント数を入力して「交換する」をタップします。

キャッシュポイントをPontapポイントに交換 交換するポイント数を入力して「交換する」をタップ

以上でポイント交換の予約が完了しました。

キャッシュポイントをPontapポイントに交換 ポイント交換の予約が完了

予約?リアルタイムで交換されないのかな?

ポイント交換が反映されるまでの時間

StockPoint for CONNECTのキャッシュポイントをPontaポイントに交換した場合は「予約」という形で処理され、予約した時間によって反映される時間が異なります。

予約した時間 予約が反映される時間
当日の14:30以内 当日の16:00頃
当日の14:30以降 翌営業日の16:00頃

営業日当日の14:30までに予約した場合は当日の16:00頃に反映されますが、14:30を過ぎると翌営業日の16:00頃まで反映時間がかかるので注意が必要です。

ポイント交換が完了

ポイントを交換する場合の注意点

キャッシュポイントをPontaポイントに交換する場合にいくつかの注意点があるので、ある程度の事は覚えておきましょう。

ポイント交換時の注意点
  • 手数料が1%かかる
  • 銘柄ポイントのままでは交換できない
  • キャンペーンで貰ったポイントは交換不可
  • リアルタイムでは交換されない

手数料が1%かかる

キャッシュポイントをPontaポイントに交換する場合に1%の手数料がかかります、例えばキャッシュポイントを1,000ポイントPontaポイントに交換する時には1,010ポイントが必要になる訳ですね。

キャッシュポイントを1,000ポイントPontaポイントに交換する時には1,010ポイントが必要

キャッシュポイントをPontaポイントに交換する場合の交換レートは1.01:1と覚えておくと良いですね。

1万ポイントの場合は手数料は100ポイントですね。

銘柄ポイントのままでは交換できない

銘柄ポイントで疑似株式を運用している場合、このままの状態ではPontaポイントに交換する事は出来ません。

この場合は銘柄ポイントを売却してキャッシュポイントに戻してから交換を行う必要がります。

とりあえずキャッシュポイントにする必要があるのね。

キャンペーンで貰ったポイントは交換不可

StockPoint for CONNECTでは様々なキャンペーンが開催されており、新規登録後はキャッシュポイントが貰えるようになっています。

StockPoint for CONNECT キャンペーン

注意点としてキャンペーンで付与されたキャッシュポイントは直接Pontaポイントへの交換は出来ません。

この場合は一度銘柄ポイントを購入して再度キャッシュポイントへ戻した後にPontaポイントに交換を行いましょう。

リアルタイムでは交換されない

キャッシュポイントをPontaポイントに交換する場合は予約した時間帯によって反映される時間が変わってきます。

◆ 営業日当日14:30まで⇒当日の16:00頃に反映
◆ 営業日当日14:30以降⇒翌営業日の当日の16:00頃に反映

まとめ

StockPoint for CONNECTのキャッシュポイントを外部へ持って行く方法は「株式にする」「Pontaポイントに交換する」の2択になります。

またCONNECT証券の口座を開設していない場合はPontaポイントに交換するしか方法がありません。

Pontaポイントはそれなりに使い道がありますからね~。

キャッシュポイントをPontaポイント交換する場合は以下の事を覚えておきましょう。

StockPoint for CONNECTとPontaポイントのIDを連携する必要あり

銘柄ポイントは一度キャッシュポイントへ戻す必要あり

キャンペーンで付与されたキャッシュポイントは一度銘柄ポイントを購入して再びキャッシュポイントへ戻す必要あり

手数料が1%かかる

ポイント交換はリアルタイムで反映されない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です