SBI証券でIPO当選株の購入申込⇒初値売りの手順を初心者向きに紹介

SBI証券でIPO当選株の購入申込⇒初値売りの手順を初心者向きに紹介

SBI証券でIPO当選株の購入申込⇒初値売りの手順を初心者向きに紹介していきたいと思います。

IPO? 何かの略ですか?

IPOとはInitial Public Offeringの略で新規公開株を意味します、分かり易く説明すると企業が資金を集めるために株を投資家に売り出す事です。

要するに新しく上場する株ですね、このIPOの特徴は上場する前に買うので高確率で利益を得ることが出来る事です。

ほう、魅力的ですね。

前日、ソフトバンク(9434)に当選しました。

SBI証券 ソフトバンク(9434)に当選

大規模な通信障害やファーウェイの件があったばかりですよ、大丈夫かな?

ネットで調べてみると応募倍率は1.1倍程度で、先の通信障害で購入キャンセルが続出しているそうです。

せっかく当選したIPOが公募価格割れだとシャレになりませんね。

当選IPO株の購入手続き

当選IPO株の購入手続き

SBI証券へログインしてトップページから『取引』⇒『IPO・PO』と進み、当選した銘柄の購入意思表示欄に『当選株購入』ボタンがあるのでクリックしていきましょう。

SBI証券 当選IPO株の購入手続き『当選株購入』ボタンがあるのでクリック

『契約締結前交付書面を閲覧する』をクリックしましょう。

SBI証券 当選IPO株の購入手続き『契約締結前交付書面を閲覧する』をクリック

『新規公開株式の契約締結前交付書面』のPDFファイルを開いて閲覧後、『内容を理解しました』をクリックしましょう。

SBI証券 当選IPO株の購入手続き『内容を理解しました』をクリック

次に『目論見書を閲覧する』をクリックします。

SBI証券 当選IPO株の購入手続き『目論見書を閲覧する』をクリック

『上記事項に了承し、目論見書を閲覧する』に進みます。

SBI証券 当選IPO株の購入手続き『上記事項に了承し、目論見書を閲覧する』をクリック

すると画面が切り替わります、ここでは購入意思株数を入力します。ちなみに口座開設時に確定申告が原則不要な『特定口座』を開設してる場合は『特定』を選択します。

MEMO
『特定口座・源泉徴収あり」を選択すると、証券会社が投資家に代わって税金を納めてくれます。

最後に取引パスワードを入力し『意思表示確認画面へ』をクリックしましょう。

SBI証券 当選IPO株の購入手続き『意思表示確認画面へ』をクリック

購入ボタンが表示されるのでポチッと押しましょう。

SBI証券 当選IPO株の購入手続き『購入』をクリック

『購入意思表示を受付いたしました』と表示されていれば購入完了です。

SBI証券 当選IPO株の購入手続き完了

購入完了後の再確認方法

SBI証券 購入完了後の再確認方法

購入手続きが終わりましたが、購入意思表示の受付が完了していなければ購入手続きは完了しません。購入手続きを確実に完了させるためにも再確認を行いましょう。

トップページから『取引』⇒『IPO・PO』と進み①『購入意思表示ボタン』が消えているのを確認します、②購入結果欄に『株数』『預かり区分』が記載されていれば手続きは完了です。

SBI証券 購入完了後の再確認方法

割と簡単に購入できましたね、唯一迷ったのは『特定』『一般』の選択かな~。

購入したIPOを初値売りする方法

購入したIPOを初値売りする方法

それでは購入したIPOを初値売り(上場初日に初値で売却)していきましょう。

ところで証券取引所はいつから開くのかな?

現在では日本に証券取引所は4か所ありますが、取引時間は以下の通りです。

取引所名 前場 後場
東京証券取引所 9時~11時30分 12時30分~15時
名古屋証券取引所 9時~11時30分 12時30分~15時30分
札幌証券取引所 9時~11時30分 12時30分~15時30分
福岡証券取引所 9時~11時30分 12時30分~15時30分

注意点として上場前日に注文は出来ないので、上場当日の朝9時(午前4時頃から注文可能)までに『成行』で売り注文を行いましょう。

ナリユキ?

成行とは?

今現在の価格で売却する方法、早く売りたい場合の約定優先の注文方法。

とにかく売れば良いのですね、早速売り注文を出しましょう!

SBI証券にログイン後『口座管理』をクリックします。

SBI証券 購入したIPOを初値売りする方法『口座管理』をクリック

対象IPO銘柄の『現売』をクリックします、ここではソフトバンクになります。

SBI証券 購入したIPOを初値売りする方法『現売』をクリック

STEP.1
株数の入力
売却する株数(当選した株数)を入力します、ここでは『100』ですね。
STEP.2
『成行』にチェック
『差値』『成行』『逆指値』とあるので『成行』にチェックを入れます。
STEP.3
『当日中』にチェック
期間選択では『当日中』にチェックを入れます。
STEP.4
『注文確認画面へ』をクリック
最後に取引パスワードを入力後『注文確認画面へ』をクリックしましょう。

SBI証券 購入したIPOを初値売りする方法『注文確認画面へ』をクリック

注文内容を確認して『注文発注』をクリックしましょう。

SBI証券 購入したIPOを初値売りする方法『注文発注』をクリック

ふむふむ、『当日注文』『100株』『成行』ね。

最後に『注文受付(現物売)』が表示されると注文完了です。

SBI証券 購入したIPOを初値売りする方法 注文完了

オッシャー注文完了! 後は9時まで待機ですね。

初値売りの価格や損益

SBI証券 初値売りの価格や損益

9時過ぎに価格を確認してみるとすでに初値が付いていて1,463円でした。

(ノ∀`)アチャー 公募割れ…。

今現在お昼を回ったところですが、株価は1,342円まで下落しています。

SBI証券 初値売りの価格や損益 株価は1,342円まで下落

う~ん初値売りしていて良かったな~、損失が広がるところでしたね。

それでは本当に売却されたのか確認していきましょう、SBI証券にログインして『取引』⇒『注文紹介』と進みましょう。

SBI証券 初値売りの価格や損益『取引』⇒『注文紹介』とクリック

注文一覧ページが表示されましたがページ左下に『約定』と記載されているのでどうやら売却が成功したみたいですね、午前9時に100株が1,463円で約定完了です。

SBI証券 初値売りの価格や損益 ページ左下に『約定』と記載されている

結局いくら損したのかな?

さっそく損益をチェックしていきましょう、『当日約定一覧』をクリックします。

SBI証券 初値売りの価格や損益『当日約定一覧』をクリック

当日に約定した注文が表示されていますが、左から、①『平均約定単価』②『手数料/諸経費等』③課税額/譲渡益税』④『受渡金額/決済損益(日計り分)』となっています。

SBI証券 初値売りの価格や損益 当日に約定した注文が表示されている

約定価格1,463円の100株で146,300円、ここから手数料と税金を引かれた146,187円が口座に戻ってくる金額ですね。

平均約定単価 1,463円
手数料/諸経費等 105円
課税額/譲渡益税 8円
受渡金額/決済損益(日計り分) 146,187円
150,000円で購入したから3,813円の損失ですね。

※取引コースを「アクティブプラン」に変更している場合、100万円までは取引手数料は0円です。

まとめ

ここではSBI証券で当選したIPO株の購入申込⇒初値売りを行いましたが、残念ながら今回のIPOは公募価格割れとなってしまいました。

IPOではかなりの確率で公募価格より初値が高くなるのですが、今回は上場前から不穏な空気になっていましたからね(笑)。

ドンマイ! 次がありますよ。

しかしながらIPOには大きな利益獲得のチャンスがあるので、これからも積極的に挑戦していきたいと思います。

\公式サイトはこちら/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//アドセンス高速化// //END アドセンス高速化//