SBIネオモバイル証券でサービス利用を一時停止する方法

SBIネオモバイル証券でサービス利用を一時停止する方法

Tポイントを使って1株から株式が購入できるSBIネオモバイル証券で、サービス利用を一時停止する方法を書き記していきたいと思います。

SBIネオモバイル証券では株式を購入していなくても月額サービス利用料として220円(税込)が請求されます。

株を購入していなくても毎月220円請求されるのか…。

但しSBIネオモバイル証券では期間限定Tポイントが毎月200P貰えるので、表面的には毎月20円の出費で済むことになります。

※期間限定Tポイントでサービス利用料を支払う事は出来ません、SBIネオモバイル証券内で株の購入時のみに使用できます。

株式を売買しない場合は毎月220円のサービス利用料を払うのが勿体なく感じますね、そんな場合はサービス利用を一時停止すれば月額サービス料の支払いが不要になります。

SBIネオモバイル証券でサービス利用を一時停止する手順

それでは早速SBIネオモバイル証券でサービス利用を一時停止にする設定を行っていきましょう。

最初にネオモバ株アプリを起動して右下の「三」⇒「マイページ」⇒「ネオモバのサービス利用状況」と進むとWEBサイトに移動すます。

デフォルトではサービスの利用状況は「サービス利用中」になっているので、「口座の利用を停止する」下に取引パスワードを入力して「確認画面へ」をタップしましょう。

SBIネオモバイル証券でサービス利用を一時停止する手順

注意事項がかかれているので、確認後に「サービス利用を一時停止する」をタップします。

SBIネオモバイル証券でサービス利用を一時停止する手順

以上でサービスの利用停止の手続き完了です。

SBIネオモバイル証券でサービス利用を一時停止する手順

サービスの利用一時停止の申請時期と反映について

SBIネオモバイル証券では株の売買を行わない場合でもサービス利用料は毎月請求されます、月の途中でサービス利用を一時停止にしても日割り等は無く利用料がかかります。

月の途中で申し込んだ場合はいつからストップされるのかな?

翌月には利用停止されますが、手続きの締切りは月内最終営業日15:00までとなっています。15:00を過ぎると手続きが反映されるのが翌々月からとなるので注意が必要です。

また定期買付の設定をした状態でサービスの利用を「一時停止」にすると、定期買付の設定は解除されます。

月末の最終営業日の15:00までね、ところで保有している株の配当金はや優待は受け取れるのかな?

サービス利用一時停止中でも株の配当・優待は受け取り可能

SBIネオモバイル証券で株式を保有中にサービス利用を一時停止状態にしていた場合でも、配当金や株主優待が発生した場合は問題なく受け取ることが出来ます。

但し1株で株主優待を貰える企業は無いと思います、一般的には1単元(100株)から優待が貰える企業が多いですね。

サービス利用一時停止中は「ひとかぶIPO」は申込めない

サービス利用を「一時停止中」に設定した場合は「ひとかぶIPO」は申込むことは出来ません、一時停止を解除してから申し込む必要があります。

ひとかぶIPO?

通常のIPOでは最低申込株数が1単元(100株)からですが、「ひとかぶIPO」では1株単位でIPO(新規公開株)に申し込むことが出来ます。

SBIネオモバイル証券の『ひとかぶIPO』とは?購入申込方法や注意点など

一時停止中のサービスを再開するには?

SBIネオモバイル証券で一時停止中のサービスを再開する方法は株の売買注文を行うだけです、注文が約定した時点で自動的に一時停止が解除されます。

その他の方法として、ネオモバのWEBサイトからサービスの利用を再開する事も出来ます。

SBIネオモバイル証券一時停止中のサービスを再開

あっという間ですね~。

まとめ

SBIネオモバイル証券では株式を売買していない場合でもサービス利用料(税込220円)が請求されます。

全く株の注文を行わない場合はサービスの利用を「一時停止」にしておく事でサービスの利用料の請求をストップさせることが出来ます。

当月中に申請すれば翌月から「一時停止」になりますが、月内最終営業日15:00を過ぎると翌々月の取扱になるので注意が必要です。

またサービスの利用一時停止中は「ひとかぶIPO」に申し込むことが出来ません、「ひとかぶIPO」に申し込む場合は一時停止の解除を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//アドセンス高速化// //END アドセンス高速化//